2006年01月31日

鴈鷹鵬

抜粋:

『最近の米企業の採用では、ブログを重視するケースも増えているという。
履歴書や表書きだけではない、その人の人柄や考え方、スキルなどまで、
ブログや個人ホームページで判断できるためだ。ブログを開設している人には、
志望時に、そのアドレスなどを書かせる企業も出ている。逆に、企業に申告しなくても、
検索してチェックされて、不採用と判断されることもあるのだという。』



うおぉぉぉーーーーーーーい!?

俺ダメダメじゃーん   (ダメダメじゃーん)
ダメダメジャーン     (ダメダメジャーン)

ダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメサ〜ンバ♪
posted by an outs at 12:23| 秋田 ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

人間いつか死ぬ、所詮早いか遅いかってだけの問題

悟ったような口をきいた格言ですが、

そこかなり重要だと思います。

雰囲気で煙に巻くのやめましょうよ。
posted by an outs at 13:28| 秋田 ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

待ち人、字足らず

なんとなくクリスタル。

で、
                  第2位
            シーフードヌードルイタリアン

久々にカップヌードルを食った影響もあるでしょうか、結構うまく感じました。
チーズっぽい味とトマトっぽい味は意外にもちゃんとするしね〜。
あ〜剛麺カツ玉悔いてえ〜

従来品との比較:

    本品>シーフード>SIO>普通   比較しづらいもの:カレー
posted by an outs at 11:16| 秋田 ⛄| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

そしてゲイツはまた歩き出す

完食した。広東風やきそば大盛。600円。麺500g。そのうえに野菜あんかけたっぷり。

今日はカップ麺の続きか、芸能人格付けチェックに触れようかと思ったが、
こんなゲイツ関連を見つけてしまったのでこっちに差し替えた。

まずはこちらのチラシを御覧ください。
http://www.geogp.com/img/data/w/060128b.jpg
保存OKなくらいだからリンクもOKでしょう。
画像右下にカーソルをあててクリックすると拡大可能。

注目すべきはペケ箱360の買取欄。
見たこともないような言葉が書いてありますね。
高価買取中でもなくこの言葉とは・・・爆笑だ。

さらにこのチラシの表(興味ある人はGEOホームページへいってらっしゃ〜い)
のペケ箱360欄もすごい。新品ソフトが・・・!

結論:やはりゲイツは以下略
posted by an outs at 21:24| 秋田 ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ぼくのゆめ

今朝は久々に2つの夢を見た。どちらも逸脱していた。

その1〜夜行列車編〜
なんかの集まりで中学時代くらいの人たちが集まった。夜行列車ではなくレストランに。
で友人二人と鍋っぽいものを食っていたが、やたらと分厚い肉がそこに。
神速で箸を伸ばした二人に対し、『頼むから俺にくれ』とマジで土下座した俺。
どうもおかしい。集まりなのに音が一切しない。
振り返ってみると、そこには俺たち3人を除いて誰もいなくなっていた。
何だこれ?!と思って団体部屋のドアを開けた瞬間

99の岡村に撃たれて俺は死んだ


その2〜誘い爬虫類編〜
Y田の家に行くため、友人と自転車で走っていた。
何故か途中で公園を通ることになり、階段を自転車もちで下りた。
妙に1円玉が落ちている。合計18枚くらい落ちていた。
すると。
公園の中にはなんと50円玉と100円玉がやたらと落ちているではないか。
これは拾おうと思い、とりあえず50円玉2枚と100円玉1枚を拾い、
公園を出ようとした。
すると。
ワニっぽいのがいた。めっちゃこっち見てる。まじめっちゃ見てる。
フェンス越しだからいいが、こっち見てる。
気味が悪いのでさっさと公園を出ようとした。
足はえええええEEEEE!
猛スピードでこっちに向かってきた。
怖気づいた俺は引き返した。
するとワニっぽいのも戻った。
やべえこれヤヴェエよ。
するとハトに餌をやるおじさん発見。
それを見て50円玉を囮にする方法を思いつき、出口と90度くらいの方に投げた。
ワニっぽいのはそれを即座に追った。よしゃ!今のうちに・・!
足はえええええEEEEE!
即座にワニっぽいのは戻ってきた。

オチは覚えていない。
posted by an outs at 14:49| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

裁くものとして(いつぞやの大岡)

長くなりまくりそうなんで、論点を一つに絞ることにしました。でも長いorz
俺が証明すべきこと『引っ張り合いの最中に手を放したからといって、育ての親に子供を思う
気持ちがあったとは限らない 及び 引っ張り続けたからといって、産みの親に子供を思う
気持ちがなかったとは限らない』
むろん、最初にこれを聞いたときに感じた不信感なんてただの理由もない不信感ですよ。
それを思い出したときに少しずつ考えてたどり着いたのが、この『不信感』です。

まず育ての親、どうして『引っ張る前に』子供が痛がるであろうことに気づかない?
まあ突然そんな勝負を言い渡されたら動揺してパニックに陥るのも無理はないが、
陥っていようがいよまいが、どちらにせよ育ての親が『引っ張る前に』子供のことなど
微塵も考えていなかったのは明白である。

一方産みの親。こいつは確かに前評判が悪い。だが裁判に前評判は関係あってはならない。
今頃子供を取り戻しに来たのは、そりゃ労働要員として使うためかもしれない。だが
もしかしたら虐待か何かを後悔して、やり直そうと思って子供を取り戻しに来たのかも
しれない。『つべこべ言わずとっとと来い』としかいえないのも、虐待時代の不器用な性格
ゆえかもしれない。
そして勝負を言い渡されたとき、何を思うか。もちろん従来の解釈どおり子供のことなど
考えずがむしゃらに引っ張ったかもしれない。だが産みの親と自分を重ねてみよう。

今、子供のことを大切に思っているとする。引っ張ったら子供が痛がるのもわかる。
しかし超お偉いさんが『引っ張り勝ったほうに子供あげる』ということを明言している。
もしこの勝負に負けでもしたら大切な子供はもう一生自分のもとに帰ってこない・・・

引っ張るんじゃない・・・?

【それは『子供のことを思ってる』じゃなくて、『子供がいなくなった後の自分を
心配してる』じゃないか?】だって?いえいえ、そもそも『子供がいなくなった後の自分を
心配する』という行為自体、『子供を大切に思っている自分』が前提となるでしょうよ。
よってもしこの時点で子供のことを思っていたのならば、取るべき行動は2つ。
1、すべて承知の上でそれでもなお引っ張る
2、引っ張ると子供が痛がるからこの勝負をやめましょう、と大岡に進言する
よって引っ張り続けた産みの親に子供を思う気持ちがなかった、とは言い切れない。

『そんなことを産みの親が考えていた確率は低いだろう!』
ごもっともです。きっと低いと思います。でももしこの気持ちがあったら、それを踏みにじる
ことは許されるでしょうか。
強い決心で引っ張ることを決め、子供に恨まれてでも引っ張り続け、ついに勝った!
『はい、あなた子供のこと考えてないから負け〜、ざんね〜ん☆』消えろ
と思うでしょうよ。
今回の勝利条件は『子供のことを思っている』であり、子供に恨まれるとか関係ないですしね
そんなのが関係あるんだったら勝負する前から産みの親は憎まれてるだろうから、こんな勝負
をわざわざ開催した大岡は嫌がらせ以外の何ものでもない。

・・・納得していただけませんか。では最後の切り札を出します。
『手を放したからといって、なぜ子供のことを思っていたと断言できる?』
・・よ〜く考えてください。引っ張りあっています。こどもがわめきましたよ。

予想外の奇声にびっくりして手を放しちゃっただけじゃないの?

この可能性かなり高いとおもいますよ。少なくとも痛がっている子供を見て手を放した
確率の2倍はあると思います。

『全部不確定要素じゃないか!』
そうです。それこそが俺が大岡裁きの否定を証明できたことになります。
つまり大岡の『こうなったから育ての親は子供のことを考えているのだ』という結論は
妄想にすぎないということが証明できたのです。
大岡の出した答もとんでもないレベルの不確定要素をはらんでいるのですよ。
それをこんな審議もしっかりしてない短時間で人の心がわかったかのように断定している
ところに問題があると言いたいのです。
実際の裁判でも人の心など最終的に誰にもわからないから、誤った判断をくだすことも
あるでしょうが、こんな短時間でしかも一人の人間が独断で決めることはないでしょう。

というわけで人の心理を前評判とかを参考に短時間で決めつけた大岡ごときに、
人情味溢れるなんていう接頭句をつけることには反吐が出る、というan outsでした。

長い・・・論理破綻してないといいが。
posted by an outs at 20:25| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

未確認歩行物体

カップやきそばのお湯を捨てようとしたときに、なんとなく意図的に
タラちゃんしようかなと思ったけど、どう考えてもしないほうがいいことに気がついた
an outsです。 ↑肩書き

で、

                    第3位
                  UFOナポリタン


あれっ?これってスパ王と間違えたのかなっ?

あっ、スパ王の廉価版かあ。チョーナットクぅ。


従来品との比較(独断):

   スパ王≫UFOキムチ≧UFO>UFOナポリタン
posted by an outs at 19:11| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

トリノごっこ

突っ込みネタを毎日やってるとすぐネタ切れに。

というわけで最近、

シーフードヌードルイタリアン
どんべえ地中海風海鮮うどん
UFOナポリタン

の3つを食しました。オリンピックがトリノってことで、
日清がフェアをやっているようです。
近くの西友は新製品を100円程度で売り出すので、買ってみました。

暇つぶしに、独断でこの3つのランキング及び従来日清製品との比較でもしようかと。
次回より3回に渡ってスタート。
posted by an outs at 15:30| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

平行の線上

おおおかをそろそろ書かねばならんのDEATHが、とりあえずテストが一段落する
木曜日に書こうかと思っています。今説得力の補強として屁理屈をこねてる最中。

それはそうと・・・・

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/manga/manganews/news/20060124k0000m040049000c.html

なるほど。そうDEATHか・・・
最近、実写流行ってるみたいっすね。
俺ペンバー役で出てもいいっすよ、これ。
・・・え?監督が俺のこと知らない?
それは世界の損失だパカッ・・・・・・・・・・・・・・ボチャーン
posted by an outs at 20:34| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

もうどうにも止まらないスパイラル現象

昨日事故ったかと思えば・・・・

今日は西友で特売だったので頑張って足を伸ばした。
やはり足を引きずらなければ歩けなかった。
自転車はふくらはぎが伸びないのか、問題はなかった。

が。

帰ってきたらなんかおっさんがうろうろしていた。
NHK(NationalHunterKit−kat)だった。

もし俺が家に居なければ素通りだし、俺が家に居れば居留守で終わりだったはずだ。
つまりこの状況以外では俺に払う義務は起きないはずだったのだ・・・

デフレスパイラルって怖いね・・・
もうやる気なんて0未満です さようなら
posted by an outs at 16:32| 秋田 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

お別れの日にうたう歌(後編)

ああ・・・・

すまない・・・・・・

今日はちょっと歩きたくない・・・

歩けない・・・・

文章も書きたくない・・・

まあすぐに治るとは思うが・・・・

部屋から出たくない・・・・・

出れない・・・・・・

・・・交通事故った。
posted by an outs at 17:30| 秋田 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

全力で無気力な少年

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

駄目だ〜今日マジで真面目なことを書く気がしない〜
溢れんばかりのNEETエナジーが心の底から湧いてきおるわ。

てわけでこのテンションでテスト勉強をしなきゃならんという厳しさがあるので
今日のところは作者取材のためお休みいたします。

よいこはこんなにーとになってはいけませんよ。エスカレーターで遊ぶことなんて
にーとの比ではありませんから。

代わりといってはなんですが、懐かしい問題を一つ。

問題:
漢字と果物が大好きなあなたは、漢字と果物で遊ぶことにしました。
木にあかいろを塗ると『木赤』、これで一つの漢字として『リンゴ』と読むことに
決めました。
また、木にあおいろを塗ると『木青』、これで一つの漢字として『ブドウ』と読むことに
決めました。
では、木にきいろを塗った時、あなたは何と読むことに決めたでしょうか。
また、木にしろいろを塗った時はなんと読むことに決めたでしょうか。
posted by an outs at 18:17| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

おおおか裁き

う〜ん・・ツッコむと言っても笑いを誘発できるようなネタは少ない・・・
今回もそんな感じですが、『あっ、な〜るほど』程度に思っていただければ幸い。

さて、かの有名な大岡裁きですが、俺はこれを初めて聞いたときから不信感を
抱き続けてきました。が、大岡裁きに対するアンチ意見を未だに耳にしたことがないので、
暇つぶしに俺が否定する。

比較するために概要を。
育ての親(心優しいらしい人)と産みの親(心優しくないらしい人)が一人の子供をめぐって
(あれ?親の性格逆だったっけ?まあいいや)大岡にどちらが子供を引き取るかについて
決めてもらうことにしました。
大岡は『子供の腕を引っ張り合って、引っ張り勝った方を勝者として子供の引き取り先に
する』というようなことを言いました。
そして引っ張り始めました。すると子供が『痛いYO!』と言ったのを聞き、
育ての親ははっとして手を放してしまいました。
しかし大岡は手を放した育ての親に対し、『それこそが子供のことを本当に考えている
証拠』というようなことを言い、育ての親に子供を渡しましたとさ。
これによって大岡は有名に以下略

なんかもう既に長いんで、解釈は明日書きます。
さて俺はどのあたりに不信感を抱いているのでしょうね〜。
ただし精神錯乱状態を考慮すると、俺の解釈はいまひとつ説得力にかけるんですがね。
posted by an outs at 21:22| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

クラリネットの歌

この歌が有名かどうか、判断しづらいので、歌詞の一部(うろ覚え)をつけておきます。


ぼくのだいすきなクラリネット  パパからもらったクラリネット

とーってもだいじにしてたのに  こわれて出ない音がある

ど〜しよ  ど〜しよ

ドとレとミとファとソとラとシの音が〜出な〜い
ドとレとミとファとソとラとシの音が〜出な〜い

とーってもだいじにしてたのに  こわれて出ない音がある

ど〜しよ  ど〜しよ

OH! パッキャマラードーパッキャマラードー パオパオパパパ
OH! パッキャマラードーパッキャマラードー パオパオパー オーパ!


幼い頃は何の疑問もなく、この歌が好きで歌っていた覚えがある。
だがもう説明をするまでもなく、この歌詞にはいろいろと思うところがある。
ちょっと前まで俺は

『ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない』という、もはや楽器とは呼べない代物を目の当たりにするという過酷な現実に直面しながらも

『とっても大事にしていた』 とあくまで主張するこの少年に対し
あまり・・・人をなめるなよ・・・!可哀そうにと思っていた。

だが最近は違う。だってね・・・
あるんだって・・・そういう不測の事態・・・
まあ・・リアリストの皆さんにはわかってもらえないと思うけど・・・・
というわけで、過保護状態だったクラリネットが、ポリバケツ入りに決定したとき、

OH! パッキャマラードーパッキャマラードー パオパオパパパ

とかいう人類最高峰の精神錯乱状態に陥ってしまったのは仕方ないと思うんですよ。

ええ、ツッコむどころか擁護しましたが。
posted by an outs at 19:55| 秋田 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

おれのいちばんきらいなことわざ

火のないところに煙は立たぬ









      ヒント:悪意



噂の真偽を判断する時、『火のないところに煙は立たぬっていうしな〜』
と言う皆様、猛省してください。今すぐ考え直してください。
posted by an outs at 15:31| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

隣の芝生は燃え尽くせ

←左サイドバーにweb拍手を取り付けてみました。

これからはまともな日記を書くことはないと思うので、書くとしたらネタか何かです。
今回のネタは当たりかな〜と少しでも思った方は、不審に思わずに左のボタンを
ぽちっとクリックしていただけたら幸いです。
コメントはめんどいという方もピンと来たら是非。
posted by an outs at 22:28| 秋田 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

信じぬ者の選択

方針

今まで当然とされてきた言葉や事象に疑問をもち、無意味にツッコンデミル。

制約

その1:一般的に有名なものに対してツッコむ。『ビュリダンの驢馬』なんていう
    大多数が意味をしらないようなものには触れない

その2:一般に出回っている新解釈には触れない 例:桃太郎は勧善懲悪 
    例:屋根まで飛んだ
    あくまで俺の独創的な解釈を練る

ということを通して理系に必要な、疑問を持つ視点を養うという大義名分を得る

まあ一発ネタなんで当たり外れが大きいと思いますがハズレだらけかも知れませんが
長い目で見守ってもらえると幸いです。
posted by an outs at 21:01| 秋田 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

炎の夜

 気がついたら俺はマクドナルドにいた。
友人とダベってから店を出ようとしたら
『○○の講義を開きたいと思いますので、お一人様5000円出してください』
と変なガキが言った。

何の宗教やら知らんがこれは関わらん方がいいなと思い、部屋から出ようとした。
が、なにやら部屋の外で言い争っている模様。
どうやらこの宗教団体っぽいやつらは大人数で来ていて、2階からの唯一の出口である
階段を塞いでいるらしかった。
これは非常にマズい。
そう思い、言い争っている脇をすり抜けて外に出ようと考え、部屋を出た。

が、階段はガキが多人数で守っており、当然のごとく俺は止められた。
そのガキたちは焦点が定まりすぎている目をしていた。
いわゆる『吸い込まれそうな目』だ。
『どこへいくのですか。』
目から声が発せられたかのような感覚があった。
『・・・帰る。』
と俺は言った。
『だめです。だめです。』
と一人のガキ(多分女)が言った。
『何で俺がこの講義とやらを受けなくちゃならない?』
『何で・・・って・・・』
そのガキは後ろのガキたちを振り返り、少し笑ってまたこっちを向いた。
あの目を保ちながら。
だめだ・・こいつらは常識が通じない世界の人間だ・・・
この時冷や汗一つ流さず、異様なほど気丈に振舞っていた自分も何かおかしい。

チャンスは来た。ガキどもは教祖(推定)かなにかに呼ばれ、全員そいつのほうを見た。
俺は急いで階段を駆け下り、吉野家を出た。
が、そこには北海道にあるような、どこまでも延びているような1本の道路しかなかった。
これは逃げ場がない・・と思ったがとりあえず走り出した。
が、すぐに立ち止まって『このまま走ってもこの道路ではすぐ見つかる・・』
と思った。どうする・・・・・・・・あっ、この方法なら!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
っていう夢を今朝見ました。マジで。
夢オチ?いやいや、そこらの作り話と違いますから。
その証拠に マクドナルド→吉野家の変化 マクドナルドに部屋? 
など、どうもおかしな世界がこの文章にはいくつか描かれています。
もう一度読み直すとよくわかるかと思います。
まあ夢の中での理不尽にはなかなか気づけないもんっすね〜。

ちなみに普通、夢を見た原因として考えられるのは前日の行動だが・・・
焼肉食べ放題の飲み会だった。ひゃほ〜い。

というか・・最後の部分で俺が思いついた『逃げる方法』はなんだったのか・・・
あんな絶望的な状況を打破しうる何か、を明確に思いついたことだけは覚えている。
頼むから夢の中の俺、教えて〜。もしくはオマエのほうが気丈で頭良さ気だから
現実世界の俺と入れ替わってくれ
posted by an outs at 22:17| 秋田 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

Mature

成人式に行った 授業を1日サボった 甲斐は大いにあった


間違いなく素直に楽しかったと言えるレベルだった

しかしまさかあれほどまでに可愛くなっていたとは。

思わず話しかけてしまったほどのレベルだった

オチがない? よ〜く探せば見つかるよ 一部の人はな。
posted by an outs at 20:12| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。